実は意外と強くない!?ハイボールのアルコール度数を調べてみた。

ハイボールは、ウイスキーを炭酸水で割るお酒だからアルコール度数が高いのではと思っていませんか?

実はハイボールのアルコール度数はそれほど高くありません。7%ほどです。

「7%って低いの?」

と思われた方もいると思うので、まず他のお酒とハイボールのアルコール度数を比べてみるところから見ていきましょう。

ハイボールのアルコール度数を他のお酒と比較してみた

ハイボール
お酒の種類 アルコール度数
ビール 5%
発泡酒 5%
チューハイ 5%
サワー 5%
ハイボール 7%
樽ハイ 8%
ワイン 12%
日本酒 15%
焼酎(ロック・ストレート) 25%
ウイスキー(ロック・ストレート) 40%
ブランデー(ロック・ストレート) 40%

参考:サントリー「酔いの程度を参考にしてみましょう」

ハイボールは、ビールや発泡酒よりもアルコール度数は高いけど、ワインや日本酒よりは低いという結果でした。

「ハイボールで悪酔いした〜」なんて人もいるようですが、ハイボールのせいではありません。グビグビと飲みすぎただけでしょう。

居酒屋で飲むハイボールのアルコール度数は高くないの?

居酒屋

居酒屋のハイボールのアルコール度数は、だいたい7%〜9%程度です。

特別にアルコール度数が高いことはありません。

補足
居酒屋によって、ベースとなるウイスキーの量はバラつきがあります。

ウイスキーメーカーと契約している居酒屋であれば、ウイスキーの規定量があり、1杯あたりのハイボールに含まれているウイスキー量は約30mlと一般的な量です。

この量であれば、アルコール度数の高いハイボールにはなりません。

参考までに、大手居酒屋でバイトリーダーをしていた方がヤフー知恵袋で回答していたハイボールについての内容を掲載しておきます。

知恵袋回答

専用のポーラーを支給されるので、それでハイボールを作ってます。分量はシングルで計算すると30ccです。氷をいれすぎたというクレームも受けますが、ウイスキーの量が決まった分量しか出ないので、氷を減らすと今度は薄いと言われます。

居酒屋によっては、ビールの中ジョッキでハイボールが出てくるところもあるので、飲む量やペースだけは気をつけてくださいね。

ハイボール缶で比較!アルコール度数を調べてみた

ハイボール缶のアルコール度数はメーカーや種類によっても若干違っていました。

種類 アルコール度数
ジムビームハイボール缶ジムビームハイボール缶 5%
ホワイトホースハイボール缶ホワイトホースハイボール缶 6%
角ハイボール缶 7%
トリスハイボール缶トリスハイボール缶 7%
ニッカハイボール缶ニッカハイボール缶 7%
角ハイボール缶<濃いめ>
角ハイボール缶<濃いめ>” width=”52″ height=”100″ class=”aligncenter size-full wp-image-2943″ /></th>
<td>9%</td>
</tr>
<tr>
<th>ブラックニッカハイボール缶<img src=
9%
ブラックニッカハイボール缶ブラックニッカハイボール缶 9%

アルコール度数が低かったのは、5%の「ジムビーム」。
アルコール度数が高かったものは9%の「角ハイボール濃いめ」と「ブラックニッカクリアのハイボール」でした。

注意
缶のハイボールには氷が入っていません。缶ビールと同じペースで飲むと、酔いやすいのは事実です。
お酒が弱い人は、氷の入ったグラスへ注ぐなどしてアルコール度数を薄めるといいですよ。

何杯飲んだ?でハイボールのアルコール量を判断してはいけない!

ハイボール

お酒の量は何杯飲んだか?で判断しがちですよね。
でも、実際はどんなお酒を何杯飲んだか?が大事なところです。

そこで、ハイボール、ビール500ml、日本酒で、何杯飲めばどのくらい酔うのか?の目安を調べてみました。

参考にしたのは、サントリーのアルコール血中濃度と酔いの状態

ハイボールハイボール ビールビール500ml 日本酒日本酒
酔い初期 2杯 1本 1合
ほろ酔い 3杯 2本 2合
気が大きくなる 6杯 3本 3合
千鳥足になる 10杯 6本 6合
まともに立てない ウイスキーボトル1本 10本 1升
動かしても起きない ウイスキーボトル1本以上 10本以上 1升以上

※酔う酔わないの差は個人差がありますので目安としてください。

ハイボール2杯とビール(500ml)1本の酔いレベルが同じくらいとは意外でした。
ちなみにハイボール1杯のウイスキー量は、シングル(30ml)です。

ハイボールのアルコール度数は計算によって割り出せる

各材料の分量を入力するだけで、アルコール度数が簡単に計算できるサイトがありました。

アルコール度数計算
入力する内容
  • ベースウイスキーの量
  • ベースウイスキーのアルコール度数
  • 割るソーダ水の量
アルコール度数を管理したい方には便利ですよね。

「こんな面倒なことできるか!」という方は、ウイスキーの量を計量カップではかりましょう。

ウイスキーのアルコール度数ってどのくらい?

ハイボールのベースとして使われるウイスキーは平均40度ほどです。

では、家飲みでハイボールを作るときの定番ウイスキーのアルコール度数はどのくらいなのか?
銘柄別で調査してみました。

サントリー角サントリー角:40度
ブラックニッカクリアブラックニッカクリア:37度
トリストリス:37度
どれも40度くらいでしたね。

ウイスキーは確かにアルコールが強いです。
でも、ハイボールや水割りのように炭酸水や水で割ればアルコール度数は薄まります。

まとめ

  • ハイボール1杯のアルコール度数は7%程度
  • ビールより2%ほど高いけど、ワインより5%低いといったアルコール度数
  • 酔うレベルは、ハイボール2杯とビール500mlが同じくらい

ハイボールのアルコール度数は意外と高くないことがわかりました。

じゃあ、アルコール度数5%のチューハイやサワー飲めばいいんじゃない?って思った方もいると思います。で、そのチューハイとサワーですが、何が違うか知っていますか?

もし、知らないのであれば、【調査】焼酎ハイボール・酎ハイ・サワー・ハイボールって何が違うの?の記事を読んでみてください。答えがわかりますし、飲み会でのネタにもなるかもしれません。

私はアルコール度数も気になるけど、お酒を飲んで太ることが気になるのよ!という方は、ハイボールのベースとなるウイスキーのカロリーについて書いたこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

太る太らない関係なし!?ウイスキーのカロリーより気にするべきこと

2018.04.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です