太る太らない関係なし!?ウイスキーのカロリーより気にするべきこと

ウイスキーは、アルコール度数が高いからカロリーも高いのでは?
カロリーが高いと太る…ヤバッ!」

と思って調べてみると、1杯で飲むウイスキーの分量は少ないため、カロリーは他のお酒と比較すると低めだということがわかりました。

ただ、話はこれだけで終わりません。
アルコールのカロリーは、そもそも体重増加作用が少ないと考えられているです。

「えっ、ウイスキーのカロリーを気にするのって太る太らないに関係ないってこと?」

実は、カロリーよりも気にすべきことがありました。
それはズバリ、糖質やお酒のおつまみ!

ということで、こちらの記事では、

  • ウイスキーのカロリー、糖質と他のお酒の比較
  • なぜ、糖質やおつまみが太る原因となるのか?

などについてお伝えしていきます!
お酒を飲みたいけど太りたくない方は、ぜひ参考にしてみてください。

ウイスキーのカロリーは他のお酒のカロリーより低かった

ウイスキーカロリー

ウイスキーは1杯あたり30mlのシングルを2杯飲んでも142kcal
他のお酒よりも、カロリーが低いことがわかりました。

ちなみに、茶碗1杯のご飯が200kcalです。

1日のアルコール適量から、ウイスキーのカロリーとその他のお酒を比較

アルコール度数 カロリー
ウイスキー シングル2杯
60ml
43% 142kcal
ビール 中ビン1本
500ml
5% 200kcal
焼酎 0.6合
110ml
25% 160kcal
日本酒 1合
180ml
15% 196kcal
ワイン グラス2杯弱
200ml
43% 146kcal

ウイスキーはアルコール度数が高いお酒です。
アルコールは度数が高いと、一般的にカロリーも高くなります。

ですが、ウイスキーを飲む場合には1杯あたりに使用するウイスキーの分量が少なくなります。
なので、実はウイスキーは低カロリーなお酒となるのです。

と言っても、最もカロリーの高かったビールとの差は58kcalでした。

お酒のカロリーは、体重増加作用が少ない!?

体重増加作用が少ない

お酒のカロリーで体重が増えることは少ない!

これを知ったのは、肥満外来クリニックのサイトに掲載されていた以下の内容からでした。

アルコール度数の高いお酒が太りやすい、というわけでは決してありません。それは、アルコール自体のカロリーは、摂取した分すべてがエネルギーになるわけではない「エンプティカロリー」と言われるものだから。アルコール自体には栄養素がないために、体重増加作用が少ないと考えられているのです。

先ほど、茶碗1杯のご飯は200kcalと言いましたが、お酒の200kaclとご飯の200カロリーは、数値は同じでも内容は違うということです。

お酒で太るのは「おつまみ」と「糖質」が関係していた!

「おつまみ」と「糖質」

お酒のカロリー自体で太ることは少ないことはわかりました。
では、なぜお酒で太ると言われているのか?

考えられる理由は2つ!

  1. お酒と一緒におつまみを食べること
  2. 糖質の高いお酒を飲むこと

【太る理由①】お酒と一緒に食べたおつまみが体内に蓄積する

お酒のカロリーは、摂取した分がすべてエネルギーになるわけではないエンプティカロリーでした。ただ、お酒と一緒におつまみを食べる場合は注意が必要です。

なぜかというと、お酒を飲んで太るのは、実はおつまみのカロリーが体内に蓄積されてしまうためです。

おつまみのカロリーが体内に蓄積されてしまう理由は、アルコールが食事やおつまみで摂った脂肪の代謝を抑えてしまうからでした。

内科クリニックのサイトで調査しました。

お酒を飲んで肥満になるのは、お酒と一緒に食べた肴のカロリーが体内に蓄積するためです。アルコールは食事で取った脂肪の代謝を抑制することから中性脂肪が高い高脂血症の重要な原因とされています。

お酒のカロリーのことばかり気にして、おつまみのことは気にしない…
それ、マズイですよ〜!

太るのをお酒のせいにしてはいけません。
カロリーの高いおつまみが影響することも!

【太る理由②】お酒に含まれる「糖質」は体重増加を招く

お酒で太るもうひとつの理由が糖質!

なぜ、糖質が高いと太りやすくなるのか?

糖質をとりすぎると血糖値が上がってしまうからです。
ダイエット中にお酒を飲むなら、糖質ゼロまたは糖質が少ないお酒を選ぶとよいですね。

では、ウイスキーの糖質ってどうなってるのか?また、その他のお酒の糖質はウイスキーと比較してどうなのか?調べてみました。

ウイスキーとその他のお酒にはどのくらい糖質(炭水化物)が含まれているのか?

糖質(炭水化物)/100gあたり
ウイスキー 0g
ビール 3.1g
焼酎 0g
純米酒 3.6g
本醸造酒 4.5g
吟醸酒 3.6g
純米吟醸酒 4.1g
赤ワイン 1.5g
白ワイン 2.0g

参考:日本食品標準成分表

糖質

なんと、ウイスキーと焼酎は糖質ゼロ!
ビールや日本酒は、やっぱり糖質が少々高いという結果でした。

ただ、最近は糖質ゼロのビール(発泡酒・第三のビール)糖質ゼロの日本酒が販売されています。

ビールや日本酒が好きなら、無理にウイスキーを飲まなくても、糖質ゼロアルコールでカバーできますよ。

【見落としがち】カロリー・糖質の低いウイスキーを飲むうえで気をつけること

ウイスキーのカクテル

ウイスキーはカロリーや糖質が低いからって安心してはいけません。
注意すべきことがあります。

注意:ウイスキーベースの甘いカクテルには糖質が含まれる

ウイスキーをベースに、果実系のリキュール類、ガムシロップ、グレナデンシロップなどを材料として混ぜ合わせるカクテルがあります。

果実系のリキュール類、ガムシロップ、グレナデンシロップには糖質が含まれるので、ダイエット中であればウイスキーの飲み方にも気をつけましょう!

太らないためのウイスキーの飲み方はハイボールがオススメ!

ハイボール

ハイボールは、ウイスキーを炭酸水で割った爽やかに飲めるカクテルです。

糖質ゼロのウイスキーに、カロリーゼロの炭酸水を混ぜて作るので、飲み過ぎやおつまみの食べ過ぎに気をつければ太る心配はなし!

また、ハイボールに使われる炭酸がお腹を膨らませてくれます。
お腹が膨らむと、おつまみの食べ過ぎも防げるというメリットがあります。

ハイボールはアルコールも強くなく飲みやすいので、ダイエット中での女性にピッタリなお酒です。

ハイボールの作り方はこちらで元女性バーテンダーが解説しています。

【女子バーテンが教える!】家飲みハイボールの激ウマな作り方

2017.06.06

まとめ

ウイスキーのカロリーは、1杯単位で考えると低いことがわかりました。

ただ、お酒のカロリー自体は体重増加作用が少ないと言われています。
お酒を飲んで太ってしまう考えられる理由は2つありました。

  1. お酒と一緒におつまみを食べ過ぎてしまう
  2. 糖質の高いお酒を飲み過ぎてしまう

結論として、ウイスキーのカロリーは太る太らないに関係なし。

お酒のカロリーよりも、おつまみをセーブし糖質の高いお酒は避けること。
これが太らずにお酒を飲むコツです。

ウイスキーも種類がありますので、じっくり選んでくださいね。
こちらでは、口コミで人気のウイスキーを予算別に掲載しています。

【口コミで人気】おすすめのウイスキー!安いのに旨いから家飲みにピッタリ

2017.12.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です