ホワイトベルグが激ウマ!?という噂は本当か?飲んで確かめてみた

「フルーティーでおいしい」「オレンジピールの爽やかさが好き」と評判のホワイトベルグ

1本あたり110円ちょっとという安さの新ジャンル(第3のビール)なのですが…

  • 味は本当においしいのか?
  • もしかすると…まずいのでは?

気になりますよね?

そこで、当サイト管理人のジン(@wotanomi)がホワイトベルグをケース買いし、実際に飲んでみました。

ではまず、ホワイトベルグの特徴からみていきましょう。

ホワイトベルグの特徴を6行でまとめてみた

ホワイトベルグ
  • ビール大国ベルギーで4年連続三ツ星を受賞
  • 口あたりがさわやかで香りがフルーティー
  • ベルギー産の麦芽を使用
  • コリアンダーシードとオレンジピールを使用
  • ビールっぽいけど、新ジャンル(第三のビール)
  • 1本110円ちょっとと価格が安い!

ベルギーで高い評価を受けてるとは、これは期待できそうです。

ホワイトベルグの基本情報

正式名称 ホワイトベルグ
メーカー サッポロビール
アルコール度数 5%
原産国 日本
原材料 発泡酒(麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)・ホップ・大麦・コリアンダーシード・オレンジピール)・スピリッツ(大麦)
内容量 350ml・500ml
エネルギー 44kcal(100mlあたり)
たんぱく質 0.4g(100mlあたり)
脂質 0g
糖質 3.3g(100mlあたり)
食物繊維 0~0.2g(100mlあたり)
ナトリウム 0〜8mg

コリアンダーシードやオレンジピールが含まれているところが、普通のビールとホワイトベルグの最も違う点です。

では、ホワイトベルグを購入したところからお伝えしていきます!

ホワイトベルグ350mlをケース買いしました!

ホワイトベルグ

1ケース24本入り(350ml)をAmazonで購入。
価格は2,905円(送料込)でした。安い〜

ホワイトベルグ

ケースはこんな感じ。
「フルーティーな香り」とケースにも書いてありますね~。

ホワイトベルグ

こちらはケース裏面。
6缶パックの取り出し方法が書かれていました。

ホワイトベルグ

箱の上側には、リキュール類(発泡性)とあります。
賞味期限は製造から8ヶ月のようです。

ホワイトベルグ

では開封します。

ホワイトベルグ

おぉ~
6缶入りのホワイトベルグ、見た目もクールです。

ホワイトベルグ

缶に描かれているこの生き物は…?
よ~く見ると、ビールを飲もうとしているライオンでした。

ホワイトベルグは本当に旨いのか?ぶっちゃけた感想

ホワイトベルグ

ビアータンブラーに注いてみます!

ホワイトベルグ

本当にフルーティーな香りがします。
見た目は普通にビールですね。

ホワイトベルグ

飲んでみると…

管理人
うまっ、うまっ!
  • 苦味がなく「スッ~」と喉をとおるさわやかな味
  • 心地よいさわやかなノドゴシ
  • 後味がスッキリ

新ジャンル(第3のビール)ですが、ビールと戦える味ですね。

ホワイトベルグを飲んで分かった良い点、悪い点

ホワイトベルグを1ケース飲み終わったところ、良い点だけでなく悪い点もありました。
味覚は個人差がありますが、率直な意見を述べさせていただきます。

ホワイトベルグの悪い点

  1. 続けて3本飲むと味に飽きてくる
  2. スーパーやコンビニで売ってないことが多い

ホワイトベルグの良い点

  1. 昼下がりにスイスイ飲める
  2. 悪酔いしない
  3. 苦味がなく飲みやすい
  4. 値段が安いから、もう1本が気軽に飲める

ホワイトベルグをおすすめできない人

  1. 普通のビールのコクを求める人
  2. 黒ビールが好きな味覚の人
  3. フルーティーさが苦手な人

ホワイトベルグをおすすめできる人

  1. 安くておいしいビールを求めてる人
  2. 苦いビールが苦手な人
  3. 軽い飲みくちがよいビールが好きな人

ホワイトベルグのネット上の悪い&良い口コミまとめ

こちらではホワイトベルグのツイッター・インスタグラム・知恵袋・2ch・公式サイトなど、他方の口コミで確かなものだと判断できたもののみをそれぞれ厳選してまとめています!

ホワイトベルグの悪い口コミ

苦手な人は苦手!ってなわけで私は苦手の分類に入ってしまって一口でダメです
でもこの値段でこういうのが出るようになったということはすごいですね。

参考:Amazon

一口飲んで、フルーティ、二口三口飲んでいくと独特の癖が、、、コリアンダーシードの味なのか匂いなのか、はっきり言って苦手な味です。

参考:Amazon

異様な高評価に驚き。まず、ライトなビールで取っつきやすくしよう、という狙いはわかります。しかし、味が薄いのにベルギービールに似せようとするもんだから、必要以上にハーブを使用したようなかなりのバランスの悪さを感じる。

参考:Amazon

ホワイトベルグの良い口コミ

ホワイトベルグの口コミをまとめてみると…

苦手な人も一部にはいるようですが、全体的な評判は良いと言えます。

「安くても美味しい」「おつまみなしでもイケる」という飲みやすさが、ホワイトベルグの評価ポイントでしょう。

ホワイトベルグの価格を楽天・アマゾン・公式サイトで調査

公式 Amazon 楽天
350ml(ケース) 3,055円 2,776円 2,760円
500ml(ケース) 4,098円 3,884円 3,798円
送料 無料 無料 別途必要

※2019年2月の調査結果です。

1本あたり110円台で買えるコスパの良さです。

ケースで買えば2,000円以上になるので、送料が無料になるAmazonがお得ですね。

ホワイトベルグと他の人気の発泡酒・新ジャンルのビールを比較

ホワイトベルグ

ホワイトベルグは、コンビニなどで販売されている人気の発泡酒や第三のビールと何が違うのか?

ホワイトベルグ 淡麗グリーンラベル 金麦
ホワイトベルグ 淡麗グリーンラベル 金麦
価格目安
(350mlケース)
2,776円〜 3,160円 2,761円〜
原材料 麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)・ホップ・大麦・コリアンダーシード・オレンジピール・スピリッツ(大麦) 麦芽、ホップ、大麦、糖類 麦芽、ホップ、糖類、スピリッツ(小麦)、炭酸ガス含有
アルコール度数 5% 5% 5%
人気 4.5 4.5 4.0

※価格は2019年2月の調査結果です。

発泡酒・第三のビールで人気の「淡麗グリーンラベル」と「金麦」と比較してみました。

違いは?

  • 価格はホワイトベルグと金麦が同じくらい
  • ホワイトベルグは原材料にコリアンダーシード・オレンジピールが使われている
  • アルコール度数はどれも5%

一番の違いは原材料でした。

ホワイトベルグのまとめ

ホワイトベルグ

  • ビール大国ベルギーで4年連続三ツ星を受賞
  • 口あたりがさわやか
  • 香りがフルーティー
  • ベルギー産の麦芽を使用
  • コリアンダーシードとオレンジピールを使用
  • ビールっぽいけど新ジャンル(第三のビール)
  • 1本110円ちょっとと価格が安い!

ホワイトベルグは、ただ安いだけじゃない!新ジャンルのビールでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です