【そら豆のゆで方】薄皮をむかずに塩ゆで!ビールのおつまみにピッタリ

主婦
  • そら豆を塩ゆでする場合、薄皮はむくの?
  • ゆで時間はどのくらい?
  • 塩加減は?

こういった疑問のある方へ。

そら豆の塩ゆでをビールのおつまみにしている、我が家のゆで方を写真で解説します!

ちなみに、我が家はそら豆を畑から収穫しています。
そら豆畑

ビールのおつまみ用そら豆のゆで方(手順一覧)

そら豆のゆで方をこれより説明します。

やり方はいくつもあると思いますが、今回は薄皮をむかずに、パパっと簡単に茹でる方法となっています。

そら豆のゆで方
  1. 収穫する
  2. サヤからそら豆を取り出す
  3. 水洗いする
  4. ヒゲみたいな部分をとる(薄皮は基本的にとらない)
  5. 鍋に水をいれ沸騰させる
  6. グツグツと沸騰してきたら、塩を大さじ3杯ほどいれる
  7. 再度沸騰してきたら、そら豆を投入する
  8. 1~2分たったら1個食べてみる(硬くなければOK)
  9. ざるにそら豆をあけ、お湯を切る
  10. できあがり

では、③の水洗いするところから写真で手順を解説していきます。

水洗いする

そら豆を水洗い

水道水でそら豆についている汚れを落とします。

そら豆を水洗い

洗い終わったら、ざるに移し水を切ります。

ヒゲみたいな部分をとる(薄皮は基本的にとらない)

気になる皮

ヒゲのように飛びてでいる部分があれば取り除きます。

気になる皮

ここは、そんなに神経質になる必要はなく、パパっとやっちゃてOKです!

鍋に水をいれ沸騰させる

なべに水をいれ沸騰

なべに水をいれて、沸騰するまで待ちます。

沸騰する

グツグツを沸騰してきたらフタをあけます。

沸騰したら塩を大さじ3杯ほどいれる

塩を大さじ3杯

沸騰後に大さじ3杯ほどの塩を入れます。
塩を入れると、一時的に沸騰がおさまるので、再び沸騰するのを待ちます。

再びグツグツと沸騰してきたら、そら豆を投入する

そら豆を投入

再び沸騰してきたら、ここでそら豆を投入!

1~2分たったら1個食べてみる

1個食べてみる

1〜2分ゆでます。
鍋の中からそら豆を1つ取り出し、食べてみて硬くなければOKです!

ざるにそら豆をあけ、お湯を切る

ざるにそら豆をあけ

ざるにそら豆をあけてお湯を切ります。

できあがり

できあがり

これでそら豆の塩ゆでが完成。

そら豆の薄皮を、むかない理由とは?

薄皮を向かない理由

今回、そら豆の薄皮をむかなかった理由は3つあります。

  1. 薄皮も食べることができるから
  2. 薄皮をむくのが面倒だから
  3. 薄皮は食物繊維が多く含まれているから

薄皮も食べられるから、薄皮をむくのが面倒だから、という理由もありますが、薄皮に食物繊維が多く含まれているというのが最もな理由です。

豊富な食物繊維を、わざわざ捨てる理由はないので。

そら豆を何かの料理に使うのであれば、薄皮をむいたほうがいいと思うんですが、お酒のおつまみにするなら、薄皮は食べてしまいましょう。

食物繊維ゲットです!

実は、薄皮に食物繊維が多く含まれていることは、キューピーのサイトで知りました。

そら豆は、たんぱく質、ビタミンB1、B2、C、カリウム、鉄、銅などをバランスよく含みます。特にビタミンB2は、大豆の次に多く含まれているといわれています。そら豆の薄皮は固くて口当たりが悪いので、はずして食べることが多いようですが、じつは食物繊維を多く含む部分。旬のものは比較的やわらかいので、できるだけ食べるようにしましょう。

薄皮は、苦手でなければ食べたほうが良さそうですね。

ビールのおつまみとして、そら豆を食べてみた

ビールのおつまみにそら豆

小皿に盛った塩ゆでそら豆とアサヒスーパードライ!

今夜はこれで乾杯!

そら豆とビール

そら豆とビールって、相性抜群なんですよね。
そら豆は塩ゆでしただけですが、味もしっかりしていて満腹感もあります。

これなら、ビールを飲みながらパクパク食べても太るってことはないでしょう。

そら豆とビール

では、ツヤツヤの塩ゆでそら豆をいただきまーす!

うっま〜!

そら豆って買うといくらくらいするの?

そら豆の値段

そら豆は買うといくらするのでしょうか?

我が家は、おうちCOOPを利用しているのでそら豆の値段を注文カタログで調べてみました。

そら豆の値段:100gで380円!

高っ!

結構なお値段しますね。(汗)

我が家は畑から収穫するので、育てる労力だけで食べることができています。

ありがたや〜。

そら豆は畑でこうやって育っています!

畑のそら豆

写真の中央に見えるのが、そら豆の木です。

畑のそら豆

両サイドにあるのがそら豆がなっている木です。
中央に見えるのは、収穫後カラとなったそら豆のさやの残骸です。

畑のそら豆

1本の木に、そら豆がたくさん実っています。

畑のそら豆

サヤは男性の親指くらいの太さがあり、頑丈にできています。

サヤの中には、だいたいそら豆が3つほど入っていますね。
豆を取り出した後、そら豆のサヤが大量に出てしまうのが畑で収穫するデメリットです。

そら豆のゆで方まとめ

  • 水洗いする
  • ヒゲみたいな部分をとる(薄皮は基本的にとらない)
  • 鍋に水をいれ沸騰させる
  • グツグツと沸騰してきたら、塩を大さじ3杯ほどいれる
  • 再度沸騰してきたら、そら豆を投入する
  • 1~2分たったら1個食べてみる
  • 硬くなければOK
  • ざるでお湯を切って、できあがり

そら豆は、ビールとの相性が抜群です。

ぜひ、ゆでたてのそら豆をおつまみに、冷え冷えのビールを飲んで一日の疲れをふっ飛ばしてしまいましょう!

ビールによく合うおつまみとして、スナップえんどうのゆで方も紹介していますので、よろしければこちらもご覧ください。

【うまうまっ】ビールのおつまみ合う「スナップえんどう」を畑からとって茹でてみた

2018.05.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です