【味だけじゃない】缶のハイボールと自分で作るハイボールの違い!

缶で売ってるハイボールは、味がイマイチ…と感じたことありませんか?

確かにハイボール缶は、氷がないしアルコールも強い気がします
それに、オッサンが飲むお酒というイメージも少なからずある…。

ただ、自分でハイボールをつくると、これが本当にウマウマ!!
しかも、おしゃれ

ハイボール缶と自宅でつくるハイボールは、自販機のコーヒーとコンビニのコーヒーくらい差があります。

では、ハイボール缶と自分でつくるハイボールは何が違うのか?
それぞれの良いとこや悪いとこを上げてみました。

ハイボール缶のよいところと悪いところって何?

ハイボール缶の良いところとは?

  • 酒屋さんやスーパーで簡単に購入できる
  • 作る手間がない
  • プルタブをプシュッと開ければそのまま飲める
  • 何本飲んだのか?その日の飲んだ量がわかる
  • 氷を入れたグラスに注ぐとライトなハイボールになる
ジン
面倒くさがりな方や本数を決めて飲む方にはいい!

ハイボール缶の悪いところって何?

  • 自分でつくるより割高
  • アルコール量を調整できない
  • 氷がない
  • 酔いやすい
  • オッサンが飲むイメージがある
缶ハイボール悪いところ
ジン
ウイスキーと炭酸水のバランスが固定されてるから苦手な方もいるでしょう。

自分でつくるハイボールの良いところと悪いところって何?

自分でつくるハイボール

自宅でつくるハイボール良いところとは?

  • 好きなウイスキーをベースにできる
  • 激安ウイスキーから高級ウイスキーまで選択肢が広い
  • 炭酸のシュワシュワ度が新鮮
  • ウイスキーと炭酸水を個別に買えば価格が安く済む
  • レシピの自由度がある
  • ウイスキーの量や生レモンを絞るなどアレンジを加えられる
  • 氷を入れてキンキンに冷やして飲める
自分でつくったハイボール
ジン
安くつくれて味もウマウマ!

自分で作るハイボールの悪いところって何?

  • グラス・氷・ウイスキー・炭酸水・レモンなど用意する必要がある
  • 作る手間がある
  • ついつい飲み過ぎてしまう
自分でつくるハイボール悪いところ
ジン
作る手間は避けられない…

こちらでは、元銀座の女性バーテン「みゅう」さんが美味しいハイボールの作り方をこっそり公開しています。

【女子バーテンが教える!】家飲みハイボールの激ウマな作り方

2017.06.06

缶のハイボールと自分でつくるハイボールの値段はどのくらい違うのか?

缶と自分でつくるハイボールの値段の違い
種類 350mlあたりの値段目安
缶のハイボール 180円〜220円
自分でつくるハイボール 60円〜70円

自分でつくるハイボールは、使用するウイスキーの価格や氷を購入するか、自宅の製氷機の氷と使うかで値段も変わってきます。

なので、もっともっと安くつくることは可能です。

実は、ベースにするウイスキーはペットボトルで購入すると最強にコスパがいい!
ペットボトルウイスキーの種類やオススメを知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

【酒代が安くなる】ペットボトルウイスキーという賢い選択!おすすめ8選をあげてみた

2017.01.31

【まとめ】缶のハイボールと自分で作るハイボールの違い

缶ハイボールと自分でつくるハイボールは、お互いに良い所・悪いところがありました。
ちょっとの手間はかかりますが、割安で美味しいハイボールが飲めるのが自分でつくるハイボールの魅力です。

とにかくすぐ飲みたい!
飲みすぎると困るから1〜2本で終わらせたいという場合は缶ハイボールの出番です。

それぞれの良いところ悪いところを知って、使い分けて飲むのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です