富士山麓のウイスキーを毎晩ハイボールで2杯飲むアラフィフ女子の熱きレビュー

こじかちゃん
富士山麓ウイスキーにハマっている、奈良県在中・事務職・40代(女)のこじかちゃんです!

富士山麓のウイスキーがお気に入りで、ご飯を作りながら毎日ハイボールで2杯ほどいっちゃってます!700mlのボトルを空けるまでは1週間たらず…。

そんな私が、富士山麓ウイスキーについて特徴、味、美味しい飲み方、合うおつまみなど語っていきます。「富士山麓は価格が安いけど、味はどうなんだ?」と思っていた方は必見ですよ。

富士山麓ウイスキー樽熟原酒50°の特徴を5行で語る!

こじかちゃん
富士山麓ウイスキーは、こんなお酒でーす!
富士山麓ウイスキーの特徴
  1. アルコールが50%と高い
  2. 富士御殿場蒸溜所で日本でも珍しい蒸留器を複数使って蒸留している
  3. ノンチルフィルタード製法で旨みが残る
  4. ブレンデッドウイスキー
  5. 700mlで1,300円ちょっとでというコスパの良さ
はてな
ノンチルフィルタード製法ってなに?
ノンチルフィルタード製法
ウイスキーのうまみ成分を逃がさない製法のこと。製品化するとき、冷却ろ過を行わずにびん詰めします。主にプレミアム品や限定品などで採用される製法なのです。

では、富士山麓ウイスキーの基本的な情報も掲載しておきます。
富士山麓の基本情報

原材料 モルト・グレーン
アルコール分 50%
内容量 700ml
販売者 麒麟麦酒株式会社
備考 富士御殿場蒸溜所でつくられている

富士山麓ウイスキーお気に入りの飲み方はコレ

富士山麓の飲み方

富士山麓の一番お気に入りの飲み方は、炭酸水で割るハイボールです!

富士山麓は、アルコール度数が高く香りも味わいも豊かなので、ハイボールにすると、ちょうど良いバランスになるんですよ。他にも、おすすめの飲み方があるので紹介しますね。

  • コーラ割りハイボール
  • ジンジャーエール割ハイボール
  • 水割り

少し気分を変えて、コーラやジンジャーエールで割ってもイケますし、普通ですが水割りでも美味しく飲めます。

ではここで、富士山麓ウイスキーをハイボールで飲むとき、さらにおいしく飲む方法を公開します。

まぁ、私なりの飲み方なんですが、きっと気に入っていただけると思います。

富士山麓ウイスキーをハイボールでさらに美味しく飲むコツ

美味しく飲むコツ
  • パンチが欲しいときは強めの炭酸にし、富士山麓と炭酸を6:4にします
  • 料理に合わせたいときはレモンやライムを入れるとスッキリした風味になります

富士山麓でハイボールで飲むときは、ぜひ試してみてね。

富士山麓ウイスキーの味はどんな?飲んだ感想と私の評価

富士山麓ウイスキー

評価は

富士山麓は「知多」や「山崎」を思わせるような甘い香り味の深さが飲んだあとも続きます。

ロックだとアルコールが強めとなってしまうので、ハイボールがちょうどよい飲み心地です。

海外のウィスキーは苦味が強すぎたり、ハイボールにすると味が薄くなったりと少し不満があったのですが、富士山麓は、ほどよい味、ほどよい濃さになるので大好きです。

また、ゆずやレモンをそえて風味をかえても、ウイスキー本来の味と香りがしっかりしてるので、幅広い飲み方も楽しめます。

価格も1300円位とお財布にやさしいので毎日気兼ねなく飲めますし、日本国産ならでは高級っぽいラベルも心をくすぐられます。

富士山麓ウイスキーの好きなところを5つあげてみます。

  1. 香りが強く味が深く、ハイボールにしても薄すぎないちょうどよさが好き
  2. 50度なのでほどよい量で気持ちが満たされて飲みすぎないのが好き
  3. 価格が手ごろで入手しやすいのが好き
  4. 毎日の晩酌にちょうどよいから好き
  5. 国内ブランドを飲んでいる優越感が好き

富士山麓ウイスキーの良い点・悪い点、おすすめできる人・できない人

富士山麓ウイスキーは、良い点ばかりでなく悪い点もあり、また、おすすめできる人とおすすめできない人に分かれると思います。

富士山麓ウイスキーの悪い点

  • 度数が高いので飲みすぎると酔いが回るのが早い
  • 甘い香りが苦手な方には向いてない
  • ボトルがちょっと太めで収納に場所をとる

富士山麓ウイスキーの良い点

  • 味も香りも濃いので、少しの量で満足できる
  • 50度なのでほどよい量で気持ちが満たされてダラダラ飲みがなくなる
  • ほとんどのスーパーで売っているので入手しやすい
  • コストパフォーマンスが良いので気兼ねなく楽しめる
  • こだわりの製法で作られている事に愛国心をくすぐられる

富士山麓ウイスキーをおすすめできない人

  • 「角」のようなすっきりとしたのど越しが好きな人
  • 後味が残るのが嫌な人
  • ウィスキーが苦手な人

富士山麓ウイスキーをおすすめできる人

  • 強めのお酒が好きな人
  • 濃いめのハイボールが好きな人
  • 「知多」のような香りが強く味が濃いウイスキーが好みの人

富士山麓ウイスキーにピッタリのおつまみを紹介!

富士山麓に合うおつまみ

からあげ・さつま揚げ・チョコレートなど、味が濃いものが富士山麓にはピッタリ!お互いの味を引き立てあうので美味しくいただけます。

写真のおつまみは、さつまあげ・しょうが醤油です。
これがまた、富士山麓のハイボールに最高に合うんですよ!

富士山麓ウイスキーの種類と価格

  • 富士山麓 樽熟原酒50°(1,300円くらい〜)
  • 富士山麓シグニチャーブレンド(5,000円くらい〜)

富士山麓は、現在2種類あります。

富士山麓シグニチャーブレンドは、2018年8月21日発売なのでまだ飲んでいません。どなたか飲まれた方がいれば感想を聞いてみたいですね。

シグニチャーブレンドは、熟成のピークを迎えた原酒を厳選したブレンドで「富士山麓」の自信作ということでした。う〜ん、気になる…。

シグニチャーブレンドを詳しく知りたい方は、KIRINの公式サイトを参考にしてください。

ちなみに、富士山麓の4Lペットボトルは2018年8月時点では売り切れとなっていました。
購入するなら700mlの瓶ボトルとなります。

富士山麓の次に飲みたいウイスキーを比較

富士山麓の次に飲みたいな〜というウイスキーを2つあげ、比較してみました。

富士山麓 ジムビーム バランタイン12年
価格目安
(700ml)
1,345円 1,135円 2,049円
ウイスキー種類 ジャパニーズウイスキー バーボンウイスキー スコッチウイスキー
アルコール度数 50% 40% 40%

もし、富士山麓の次に飲みたいと思うなら、私はジムビームかバランタイン12年ですね。それぞれの特徴をカンタンに書いてみます。

ジムビーム

富士山麓と価格帯は同じ。味は富士山麓よりスッキリしているのですが、柔らかな風味もあり飲みやすいウイスキーです。

バランタイン12年

甘みがあって香りは富士山麓と似ているのですが、バランタイン12年はロックで飲みたいウィスキーです。価格は富士山麓の倍ほどしますので、こちらはご褒美的なウィスキーですね。

比較まとめ

アルコール度数が高く、香りと味の豊さに優れているのが富士山麓です。
ハイボールで飲むなら富士山麓、ロックで飲むならバランタイン12年、ソフトに飲むならジムビームといったところでしょう。

富士山麓ウイスキーのまとめ

  • アルコールが50%と高い
  • 富士御殿場蒸溜所で日本でも珍しい蒸留器を複数使って蒸留している
  • ブレンデッドウイスキー
  • 700mlで1,300円ちょっとで買えるコスパの良さ
  • 香りや味が豊かでハイボールにしても薄すぎないバランスのよさ
  • 飲み方のおすすめはハイボール!

富士山麓は価格が1,300円ちょっととリーズナブルなんですが、香りが強く豊かな味わいのあるウイスキーです。

アルコールが50°なので、「強いお酒ムリ…」と敬遠される方もいるかもしれませんが、ハイボールで飲むとバランスが絶妙です。

トリスやブラックニッカなど、もっと値段の低いウィスキーの選択肢もあるかと思いますが、富士山麓との値段は数百円です。それなら、風味とアルコール度数が強い富士山麓を飲んでみたらどうかな〜。

気になった方はぜひ、富士山麓を試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です