白霧島・黒霧島・赤霧島は何が違う?私が好んで飲むのは白霧島!その理由とは…

こんにちは。
大阪府在住の芋焼酎好き!やぶお(男・40代)です。

芋焼酎好きなら誰もが知っている!と言っても言い過ぎにはならないであろう霧島。

しかし、霧島には「白霧島・黒霧島・赤霧島」と種類があって、ぶっちゃけ「何が違うのはわからな〜い…」と言う方も多いのではないでしょうか?

実は私、普段から芋焼酎好きの友人と家呑みで飲み比べしているので、味の違いはわかっているつもりです。

そんな私が最近ハマっているのは白霧島!

「はぁ?芋焼酎なら赤霧でしょ!」そんなツッコミも聞こえて来そうですが、私が白霧島にハマる理由はちゃんとあります。

  • どうして、私が白霧島にハマったのか?
  • 白霧島・黒霧島・赤霧島は、いったい何が違うのか?
こういったところをこれよりお伝えしていきます。

では、まずは「白霧島・黒霧島・赤霧島」の違いからみていきましょう!

芋焼酎「白霧島・黒霧島・赤霧島」の違いって何?

白霧島 黒霧島 赤霧島
画像 白霧島 黒霧島 赤霧島
商品分類 本格芋焼酎 本格芋焼酎 本格芋焼酎
アルコール度数 20度/25度 20度/25度 25度
原材料 さつまいも、米こうじ、芋こうじ さつまいも、米こうじ さつまいも(ムラサキマサリ)、米こうじ
詳細 詳細 詳細 詳細

霧島の各芋焼酎のスペックをみると、アルコール度数と原材料に違いがあることがわかりました。

違い
  • アルコール度数が20度と25度の両方あるのが、白霧島と黒霧島
  • 赤霧島はアルコール度数が25度のものしかない
  • 白霧島の原材料は、さつまいも、米こうじ、芋こうじの3種類を使用
  • 黒霧島の原材料は、さつまいも、米こうじと2種類を使用
  • 赤霧島の原材料は、ムラサキマサリのさつまいも、米こうじを利用

では、味の違いはどうだろうか?

味の違いは?白霧島・黒霧島・赤霧島の私個人の感想

味の違いを「優等生・番長・転校生」として分けてみました。

白霧島の味は優等生タイプ

優等生
芋焼酎特有の臭さが無くかなりマイルドで優等生タイプ

黒霧島の味は番長タイプ

番長
芋焼酎特有の香りが強く口当たりも強い番長タイプ

赤霧島の味は転校生タイプ

転校生
芋焼酎なのに香りはフルーティーでポリフェノールたっぷりの少しワイン寄り。
口当たりもマイルドで注目を集める転校生タイプ。

原材料のムラサキマサリは、春と秋のみにが収穫されるため期間限定発売となっているのが赤霧島の特徴。

「気になるな〜コイツ」という味以外のところも転校生のようである。

私が白霧島にハマっている理由とは?

白霧島

甘さ、香り、旨味のバランスが3種類の中で最もバランスよく取れているからです!

私の場合、料理の味やおつまみの風味を邪魔しないことがポイントとなります。

なので、芋の臭いが強くて後味も残る黒霧島や、香りが強い赤霧島よりも、甘さ、香り、旨味のバランスが絶妙な白霧島にハマるのです。

白霧島のおすすめの呑み方

白霧島のおすすめの呑み方
  • あたたかい季節はロック
  • 寒い冬はお湯割り

白霧島をロックで呑むときのちょっとした工夫

  1. グラスに細かい氷をいっぱい入れる
  2. 白霧島を注ぐ

細かい氷が「パキパキッ!」と音をたてるのがたまりません!
甘さ、香り、旨味を最も楽しめるのが細かい氷で呑むロックでしょう。

※細かい氷を入れる時点で、もしかするとロックと呼ばないかもしれませんが…

白霧島をお湯割りで呑むときに外せないもの

冬は断然お湯割りです。
白霧島のお湯割りには、おでんは外せません!

白霧島のお湯割りを呑む→おでんを頬張る。
この繰り返しがたまらないのです。

いつかはストレートで呑める程の酒豪になってみたいものですが…。

白霧島に合わせるおつまみは?

柿の種

基本的に夕食などの料理と呑むのが一番ですが、手軽なおつまみとしてオススメなのは柿の種です!

どこでも購入可能な手軽さがあるのが柿の種シリーズです。
最近は梅味やワサビ味があって気分によって色々と選んでいます。

ピリ辛な柿の種と口当たりの優しい白霧島は口の中で味が喧嘩をしないのでピッタリ合いますよ。

白霧島の4つのオススメポイント

白霧島おすすめポイント

白霧島をココまで推してきましたが、具体的に言うと4つおすすめポイントがあります。

4つのおすすめポイント
  1. ほわ〜んとした香りの良さがある(芋臭さはなし)
  2. 味のパンチが軽くて口当たりがすっきりしている
  3. デパートやスーパーやディスカウントショップやコンビニと幅広く購入可能
  4. コストパフォーマンスが高い

毎日の家呑みにピッタリなのが白霧島です。

白霧島はオススメ出来る人と出来ない人がいる!?

白霧島はすべての方にオススメできるわけではありません。
では、どのような人にオススメできるのか?またはできないのか?

白霧島をオススメ出来る人

オススメできる人
  • 少し甘い焼酎がお好きな人
  • 芋焼酎独特の臭さが苦手な人
  • これから芋焼酎を呑んでみようかなと思っている人

白霧島をオススメ出できない人

オススメできない人
  • セレブぶってる人
  • 芋焼酎独特の臭さや強い口当たりを求める人

白霧島はどこで買える?

私は普段は、白霧島をジャパンというディスカウントショップで購入しています。

ジャパンとは、コンセプトにビックコンビニエンス型ディスカウントセンターを掲げ、大阪府を中心に関西地区の地域に根付く関西人みんなが知っている庶民の味方のお店です。

柿の種も当然ここで買いますよ。

でも、ネット検索すると白霧島は安く売ってるんですね。

白霧島20度の価格

白霧島20度(Amazon2018年5月時点の価格)
内容量 価格
720ml 1,242円
900ml 830円
1800ml 1,594円

※価格は5月19日のAmazonを参考にしています。

Amazonで白霧島20度の詳細をみる

白霧島25度の価格

白霧島25度(Amazon2018年5月時点の価格)
内容量 価格
720ml 1,008円
900ml 994円
1800ml 1,841円

※価格は5月19日のAmazonを参考にしています。

Amazonで白霧島25度の詳細をみる

最後に

私は23歳頃から焼酎を呑み初めています。
麦焼酎からスタートし、芋焼酎の霧島シリーズと出会い、最終的に白霧島に落ち着きました。

芋の臭いがキツくなく、甘さ、香り、旨味のバランスが絶妙な芋焼酎が白霧島です。

芋焼酎が好きだけど、芋の臭いが苦手な方は、ぜひ白霧島を一度ご賞味くださいませ。

白霧島 width=
商品名 白霧島(しろきりしま)
アルコール度数 20度/25度
商品分類 本格芋焼酎
原材料 さつまいも、米こうじ、芋こうじ
蒸留法 単式蒸留

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です