本場のハチミチビールをバルト三国で飲んでみた!私のオススメはコレ

moca
こんにちは。ドイツ留学中のビールが大好きなmocaです。このサイトではドイツ人のビールの飲み方についての記事を書いています。

突然ですが、ビールにハチミチを混ぜて飲んだことはありますか?

ビールにハチミチを入れるなんて…と思われたでしょう。

実はバルト三国では、ビールにハチミチを混ぜるのが普通なのです。




本場のハチミチ入りビールを飲んでみた

はちみつビール

エストニア、ラトビア、リトアニアの地元のパブやレストランのメニューにはハチミチビールが載っています。(※全てのパブ・レストランではありません)

黒ビール、ヴァイツェンなど、ハチミチが入ったビールの種類は様々でした。

ハチミチとビールが大好きな私にとって、願ってもないコラボレーションです!

ハチミチとビールを見つけるたびに注文していたほどです。

味のほうは…

うん、美味しい!!この一言に尽きます。

口に入ると舌の上でハチミチの自然な甘さが「スッっと」味覚に感じられます。決してクドくありません。

ベトベトすることはないのですが、舌にハチミチが溜まりやすいので最後は甘みが強くなります。

本場のハチミチビールは甘みがあるので、ビールが苦手な方にも胸を張ってお勧めできますよ!

でも、日本で売ってるビールにハチミチを入れても美味しくはならないですよ。

バルト三国のビールは小麦の香りと味わいがマイルドなものを使っているからこそ、ハチミチを入れるとビールが美味しくなるんです。

私のオススメするハチミチビールは…?

ハチミツ

エストニアのRaasiku Olletehasというメーカーのハチミチビールです。

「ハチミチ入り」「ハチミチ抜き」があり、値段はどちらも変わりません。

他のヨーロッパの国々より物価が安いので手軽に飲むことができます。

もしエストニアに行くことがあれば、Raasiku Olletehasのハチミチビールを試してみてくださいね。

ハチミチビールは醸造所で生産している

Raasiku Olletehas

ハチミチビールはお店でビールにハチミチを混ぜて出しているイメージがありますが、醸造所でハチミチを入れた状態で生産しています。

メニューの自ビールのコーナーに銘柄付きでハチミチビールが掲載されていたので「ハチミチビールって醸造所で仕込んでいるんだ」ってわかりました。

ハチミチビールの本場であるバルト三国とは?

バルト三国

フィンランドの下、そしてポーランドの左に上下に並んだ小さな国々です。

北部東欧地域に属し、上からエストニア、ラトビア、リトアニアとバルト海沿岸に位置しています。

琥珀が多く獲れ、伝統的にリネンやハチミチの生産が盛んです。国土の大きさも人口の規模も小さく、首都には中世の面影が未だ色濃く残されています。

料理も美味しいし人々も優しい、そして何より歴史が胸熱なので、これらの国々での旅行を博物館、古風な通り、レストラン、パブ、どこかしこで思いっきり堪能しました。

バルト三国のお酒に関しては、ウォッカはもちろん、果物のシュナップス(蒸留酒)といったアルコール度数の高いものの生産が盛んなイメージがあります。

ビールも生産、消費ともに盛んで、ワインも銘柄は多くはありませんが生産しているようです。

バルト三国は、中世以前から小麦を多く産出する農業国で、17~18世紀には海運大国オランダと小麦の取引を盛んにしていたという歴史があります。

ちなみにバルト三国以外では、ポーランドのスーパーでハチミツビールを見つけました。

瓶で買ってみましたが、個人的にはエストニア、ラトビアで飲んだはちみつビールのほうが好みでした…。

まとめ

ハチミツビールのまとめ

  • エストニア、ラトビア、リトアニアの地元のパブやレストランで飲める
  • ハチミツが入ったビールの種類は複数ある
  • 味は自然な甘さがありベトベト感はない
  • 日本のビールにはちみつを入れても美味しくならない
  • 味は自然な甘さがありベトベト感はない
  • ビールが苦手な方でも飲める
  • 個人的なオススメあhエストニアのRaasiku Olletehasというメーカーのハチミツビール

ハチミツビールは日本で一般的ではないと思いますが、興味ある方はぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です