【夏限定】本搾りレモンすっきり搾りを飲んでみた!レビュー・口コミ

本搾りレモンすっきり搾り

この夏だけ。期間限定販売の「本搾りレモンすっきり搾り

原材料は、レモン・ウォッカ・炭酸、以上。

味や香りを調整するような、余分なものは一切入っていません。

普通の本搾りレモンとの違いは、レモンリキュールが入ってない点、果汁が2%少ない点です。

そうなると、味のほうはどうなのか?気になる…。

ということで、実際に飲んでみたのでレビューしていきたいと思います。

いきなり、本搾りレモンすっきり搾りまとめ表から

本搾りレモンすっきり搾りの350缶
項目 詳細
酸味 3.5
苦味 3.0
甘味 0.5
味の濃さ 2.0
炭酸の強さ 3.5
原材料 レモン・ウォッカ・炭酸
レモン果汁 10%
アルコール分 6%
価格(350ml) 100円〜140円
メーカー KIRIN
内容量 350ml・500ml
栄養成分
100mlあたり
  • エネルギー:38kcal
  • たんぱく質:0g
  • 脂質:0g
  • 炭水化物:0.1〜1.3g
    糖類は0〜0.7g
  • 食塩相当量:0g

※表示の糖類は果汁由来

注目のポイント
  • 夏限定の本搾り
  • レモンありのままの果実味がたのしめる
  • 人工的な味は一切なし

本搾りレモンすっきり搾りは、酸味が強すぎず、すっきり爽やかに飲める夏にピッタリのレモンチューハイです。

本搾りレモンすっきり搾りを飲んでみた感想

本搾りレモンすっきり搾りをグラスに注いだところ

素麺(そうめん)をつまみにしてもイケる。スイカでもOK。

そのくらいスッキリしているレモンチューハイ。

レモンの酸っぱさがおさえられているので、個人的には好きかも。

そこいらのお店で売ってるレモンチューハイは、不自然なレモンの酸っぱさや香りが気になっていました。

でも、この本搾りレモンすっきり搾りは、そういった不自然な味がしません。

味にパンチは効いてないけど、スゥ〜っと飲める。そんな印象です。

レモンすっきり搾りと普通の本搾りレモンとの違いは何?

本搾りレモンすっきり搾りと本搾りレモンをグラスに注いだところ
レモンすっきり搾りレモンすっきり搾り(夏限定) 本搾りレモン本搾りレモン(通年販売品)
レモン果汁 10% 12%
アルコール分 6% 6%
原材料
  • レモン
  • ウォッカ
  • 炭酸
  • レモン
  • ウォッカ
  • レモンリキュール
  • 炭酸

レモン果汁の割合と、レモンリキュールが使用されているかどうかの違いです。

本搾りレモンすっきり搾りは、酸味は控えめだけど自然でソフトなレモン感あり。

通年販売品の本搾りレモンは、パンチの効いたレモンの酸味と、しっかりしたレモン感があります。

結局、本搾りレモンすっきり搾りは、どんな人におすすめ?

本搾りレモンすっきり搾りの缶を上からみたところ

  • 人工的なレモンの味が苦手な人
  • 甘い系のレモンチューハイが苦手な人
  • 酸味の強いレモンチューハイが苦手な人
  • お酒と果汁だけで作られたレモンチューハイを飲みたい人

レモンチューハイが好きなんだけど、酸味や甘みが強いのは苦手…。という方におすすめです。

期間限定なので、お店で見つけたら飲んでみて

本搾りレモンすっきり搾りとグラス
本搾りレモンすっきり搾りは、期間限定販売です。

6月15日から全国で販売が開始されています。

販売終了日は決まっていませんが、在庫がなくなったら終わりです。

この時期しか飲めないので、お店で見つけたらぜひ飲んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA