【残念】バドワイザーの味は薄いのではなかった!独自の製法でクリア感を出しているのでした。

みゅう
こんばんは!
若かりし頃ウィ-ンでバーに目覚め、銀座のバーで働き始めたみゅうです。

バドワイザーといえば、男性にとってバドワイザーガールのインパクトの方が濃いのではないしょうか?

そんなバドワイザーですが、バドワイザーガールのインパクトは濃くても味が薄いと感じる方も多いようで…

いや〜…。違うんです!
あれ、味が薄いのではないです。

独自の製法によりクリア感を出しているのですよ。
好きな人はハマるんですが…。

ということで、バドワイザーの味は薄いんじゃないの!って話やバドワイザーの味の特徴などをお伝えしていきます。

バドワイザーは味が薄いのではない!

バドワイザーは味が薄いのではない

バドワイザーは味が薄い!原材料をケチってるんじゃないの?っていう人がいるみたいですが、間違いです。

みゅう
ケチって薄くしてるのではなく、独自製法で飲みやすくしてるのです。

バドワイザーの独自製法をあげてみますね。

  • 麦芽と米を別々の釜で加熱
  • 糖化の段階で混ぜられ、ろ過する
  • 独自にブレンドされたホップを加える
  • 冷却する
  • 酵母を加えて発酵する
  • ビーチウッド(ブナの木片)を加える

冷却時に独自の2段階冷却を行うことで、バドワイザーのクリアなビールの味が出ているのです。

バドワイザーの味の決め手は、発酵するときに加えられる酵母。
もう1つの決め手になるのが、最後に加えられる「ビーチウッド(ブナの木片)」です。

これが飲みやすさの秘訣なんですねー。
薄いのではないですよ〜。

バドワイザーで大きな役目を果たしているブナの木片ですが、日本ではあまり重宝されていないんですね。

腐りやすいので建築材には向かず、食器などの加工品にしても、すぐに変形してしまうとして主に薪などに使われていたそう。

それがバドワイザーの世界では重要な材料になるのだから、なんだか不思議ですね!

バドワイザーの味の特徴は?

バドワイザーの味
  • スキッとした飲み口
  • 喉ごしの軽さ
  • クリアな味わい

グラスに注ぐと、クリアで澄んだ黄金のビールという印象です。

飲み口も見た目どおりのクリア感!

クラフトビールとは違って、軽いのどごしがバドワイザーの味の特徴でもあります。

このクリアな味に、私もバドワイザーのファンになってしまった1人です。

バドワイザーに合うオススメのグラスをご紹介

バドワイザーに合うグラス

バドワイザーを飲むなら、スルスルと飲みやすいように口の広いグラスがオススメです。

一番マッチするのはトールグラス
背の低いグラスでも、口の広いものであれば大丈夫です!

バドワイザーのグラスへの注ぎ方

  1. 始めは勢いよく注ぎ込む
  2. 泡が立ったら淵からグラスに沿わせて注ぐ

こうすることで、香りが逃げにくくなり美味しさを最大限に生かせるのです!

バドワイザーなんてもう古い?そう思っているあなた!
ぜひ、ビールとグラスをキンキンに冷やしてグーーーっと飲んでみてください!

そもそも、バドワイザーとは?

1876年、アメリカのミーズリー州生まれ。
現在80ヶ国以上で販売され、誰もが知っている世界的なビール。

特徴は、2種の大麦を使っていること。

バドワイザーのパッケージは10回以上も変更されていた!


※写真はWeb限定オリジナルグラス付きセットのバドワイザー(350ml×8本)

すでに140年以上愛され続けているバドワイザーです。パッケージも時代ごとに変わってきています。

今は、おなじみの赤と白と青のデザインですが、こちらのデザインが基調としている色は75年も続いているのです。

基本の色は守り続けながらも、10回以上もデザインの変更をしているそうな。

意外や意外!バドワイザーの創設者はドイツ人

バドワイザーと聞けば、当然のようにアメリカを思い浮かべますよね?

しかし、バドワイザーの創設者はドイツ系移民のアドルフス・ブッシュ氏によって創られたのです。

大きな夢を描いてアメリカに渡ったアドルフスですが、途中で父の仕事を手伝ったりしながら成功への道を辿ります。

そして、優れた営業力を持ったアドルフスは、濃くて重い黒ビールばかりを飲んでいたアメリカ人に、暑い地域にぴったりの爽やかでクリアなビールを広めることに成功したのです。
それがバドワイザー。

バドワイザーの瓶はどこで買えるの?

バドワイザーは缶よりも瓶で直飲みする方が好きって方多いですよね。

見た目カッコイイですし。
ただ、今はバドワイザーの瓶をなかなか店頭でみかけません。

そこで、どこで買えるのか?
調べてみるとAmazon、楽天にありました!

コスパはあまりよくないですが、瓶のバドワイザーが冷蔵庫にズラリと並んでると、超かっこいいです!
お友達の家で宅飲みするときなんか、コレ持っていったら評判いいでしょうね。

バドワイザーとハイネケンを比較してみた

バドワイザーとハイネケンは似てるようで違います。
何が違うのか?こちらの表でハッキリさせてみました。

ハイネケン
誕生国 アメリカ オランダ
取扱メーカー キリンビール キリンビール
価格 4,580円
350ml✕24本
4,980円
350ml✕24本
誕生年 1876年 1873年
原材料 麦芽、ホップ、米 大麦麦芽、ホップ、
アルコール度数 5% 5%
種類 ピルスナー ピルスナー
製法 ピーチウッド(ぶなの木)製法、バドワイザーのオリジナル酵母を添加 独自のハイネケンA酵母の使用
味の特長 心地よいのどごし、トロピカルフルーティーのような甘い香り、スッキリした苦味の少ない味わい フルーティーな香味、コクがあるけど飲みやすい

苦味が少なくスッ〜っと飲めるクリアな感じがバドワイザー。
コクがあって苦味もあるけど飲みやすいのがハイネケン。

こういった味の違いがあります。
個人的な味覚によるものですが…。

缶のデザインがおしゃれですよね。

バドワイザーまとめ

バドワイザーは味が薄いのではないこと、味の特徴をまとめてみます。

  • 味が薄いのではなくクリア感を出す製法
  • スキッとした飲みくちがある
  • 喉越しが軽い
  • クリアな味わい
  • クリア感は独自の2段階冷却によって生まれる
  • バドワイザーの味の決めては「ビーチウッド(ブナの木片)」

バドワイザーは、キリンビールが日本で製造していたのですが、2018年末で日本での製造を終了するそうです。

今後、入手困難になってしまうようなことがあれば残念ですよね。

今のうちに日本で製造するバドワイザーを飲んでおきたい方は、要チェックかも。

今年もキタッ!2018ボジョレーヌーボー(早期予約で10%割引)


▲売り切れる前に品定め!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です