家飲みに…安いチリ産ワイン「アンデスリヴァース」を飲んでみた

八海山
こんばんは。ワインはチリ産に限る!40代オヤジ「八海山」です。

家飲み向きの安くて旨いワインはないかなぁ〜と思っていたとき、ドラッグストアで見つけたワインがこれ。

698円で飲める!濃厚ウマウマのチリ産ワインアンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨン

私が家飲みワインで重要視するポイント3つを満たしていたのがこのワインでした。

  1. 価格がリーズナブル
  2. 味が濃厚
  3. 肉にも魚にも合う

    ということで、アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨンについて書いていきます。

    安くて旨いワインをお探しの方は、ぜひ参考にしていただければと思います。




    ドラッグストアーで出会った!チリ産ワイン「アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨン」

    チリ産ミディアムボディ赤ワイン

    いつも利用しているドラッグストアでチリ産ワインを発見!

    数年前からチリワインの輸入量が激増しているだけあって、ドラッグストアのワイン陳列棚にはチリ産のワインが多く並んでいました。

    八海山
    1,000円以内で買えるチリ産のワインはないのか…?

    そこで目を奪われたのが、698円のアンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨン。

    アンデス・リ…リバーす…???

    名前は言いづらいんですが、このワインが無性に気になったんです。

    しかし、このワインはフルボディではない!

    フルボディとは?
    ワインの味わい(感触)を表現するワイン用語。フルボディーは一般的に濃厚で渋みが多いワインを指す。
    八海山
    要するに◯◯ボディーというのは、味の濃さや香りを表す際に使われます。

    フルボディー以外では

    • さっぱりして飲みやすい「ライトボディ」
    • フルボディとライトボディの中間である「ミディアムボディ」
    があります。

    アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨンはミディアムボディ!

    フルボディーではなかったのですが、698円とリーズナブルなこともあり、今回はチリ産赤ワインのミディアムボディ「アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨン」決定!!

    チリ産ワイン「アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨン」の特徴は?

    詳細
    原産国 チリ
    銘柄 Andes Rivers(アンデスリヴァース)
    味わい ミディアムボディ
    内容量 750ml
    アルコール分 13.0%

    なるほど〜

    この情報だけでワインを判断できるのは、ワインソムリエくらいだろう…。まぁ、飲んでみたら良し悪しはわかるであろう。

    チリ産ワイン「アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨン」を飲む準備段階

    ワインキャップ

    注ぎ口は、コルクではなく普通のアルミのやつ。

    安物はこうなってます。

    まっ、この方が開封が楽でいいんですが。

    八海山
    そして、ここから私のこだわり!

    赤ワインでもキンキンに冷やす!

    赤は常温、白は冷やして…。というセオリーがあるようですが私には無用の掟です。

    ということで、帰宅後に急速に冷却させるべく冷蔵庫へぶち込みました。

    チリ産ワインはワイングラスでは飲まないんだ。

    ワインを飲む器

    湯飲みっぽい白色陶器にチリワインを注ぎます。

    ワインはワイングラスで飲むのが普通でしょうが、家飲みでは少々使いづらい部分もあるんですよね。

    ワイングラスって倒れ易くないですかね?
    それに洗づらい…。

    私は過去何度もワイングラスを倒して割ったことがありますので、ワイングラスでワインは飲みません。

    お肉に合わせてチリ産ワイン「アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨン」を飲む

    お肉とアンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨンを一緒に飲んでみることに。

    グビグビ…

    うまーい!

    唐辛子の辛味を口中に感じつつ、ワインをグビグビ。

    いやあ、うまかったぁー。

    価格が安いのにウマい!
    これがチリ産ワインの最大のメリット。

    私の中では、ワインはチリ産の赤ワインに限る!

    肉には赤ワイン、魚には白ワインとよく言いますが、私の場合は肉には赤ワイン、魚にも赤ワイン!

    実はチリ産ワインは日本で超人気!輸入量が激増しています。

    チリ産ワイン輸入量

    2017年のワイン輸入量は、チリ産が3年連続首位

    財務省が発表した2017年の貿易統計によれば、チリ産ワインの輸入量は3年連続首位となっていました。

    あれ?フランスはどうなってるの?と疑問に思われた方。フランスからの輸入量は第2位でした。

    なぜ、チリ産ワインが首位なのか?

    その理由はコストにありました。日本とチリの経済連携協定(EPA)により、関税が段階的に引き下げられたのです。

    チリ産ワインは濃厚な味で人気。そこへ値段も安いというメリットが加わったので、ココ数年で人気急上昇となっていたわけです。

    ということで、チリ産ワインは家飲みに最適なのではないかと思います。

    まとめ

    チリ産ワインは濃厚な味

    アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨンを5行でまとめていきたいと思います。

    家飲みに…チリ産赤ワイン
    アンデス・リヴァース・カベルネ・ソーヴィニヨンまとめ

    • チリ産の赤ワイン
    • ミディアムボディ
    • 698円とリーズナブル
    • アルコール分は13.0%
    • 濃厚な味わい

    もしかすると、あなたの街のドラッグストアにも売っているかもしれません。そのときは気にかけてやってください。

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク